□月利20%=「1日1%特別口座」での資産運用〔初期投資100ドル~〕

  • HOME »
  • □月利20%=「1日1%特別口座」での資産運用〔初期投資100ドル~〕
2015年7月21日(火)更新!最新の仮想通貨投資案件情報3件
 
(1)小さな上げ下げを繰り返しながら、着実に上がり続ける仮想通貨
(2)買い取り価格が下がることなく、ひたすら上がり続けるクーポン
(3)今予約しておくと大化けする可能性が高い仮想通貨(早い者勝ち)

 
着実な投資としてお考えの方も、短期的な一攫千金を狙われる方も、分散投資をお考えの方も、どなたにでも必ず合う投資になる情報です。
 
特設サイトはこちら


本投資情報はメインサイトが非稼働となって相応の期間が経過しましたので、残念ながら終了と考えざるを得ない状況です。

■月利20%=「1日1%特別口座」での資産運用〔初期投資100ドル~〕

1日1%の利子がもらえるとしたら、どんなに凄いことだろうか。
月利で20%、年利換算だと240%つまり、元本が25倍になってしまう投資である。

どんなに優秀なファンドでも、実は年利で10%くらいしか出せていないのが現実。
それだけ厳しい中、1日1%の利子というのはあり得ない数字としか言いようがない。

しかし、それを実現してくれているのがPrime Look Upというイギリス・ロンドンの会社が運営するシステムである。

実際に100ドルを入金して、スタンダード投資プランを開始すると、平日は毎日1ドルずつ増えて行く。
これを100日間繰り返して1回の投資は終わりとなる。
終わった時点で200ドルが手元に残る。

厳密には元本も分割して割り戻されるので、月単位で30ドル+35ドル+40ドル+45ドル+50ドル=200ドルとなる。
つまり、元本は3ヶ月で回収できてしまうのである。
そのまま投資を追加する場合、3ヶ月間で105ドルになっているので、新たな100ドルを別建てで追加投資すれば良い。

これは投資と云うよりはゲームに近いところがある。
日々の利子を数えながら複利の力を使って投資を大きくしていくゲーム。

最初に投下した資金をきちんと回収すれば負けはない。
あとはこのゲームから自分自身で手を引くか、強制終了されるまで続ければ良いのである。

ではこのゲームは破たんしないのかというと、理論上は簡単に破たんする。
1日1%の利息をきちんと払っていたら、会社はそれ以上の運用をしないといけないので、どんな優秀なファンドでも年利10%という現実から考えると、とても払える額ではないのだ。

しかし、思ったよりこのゲームは続く。
それは「新しいお金を預ける人」と「稼いだお金を引き出す人」のバランスがあるから。

前者が少なくて、後者が多いとこのゲームの運営者は破たんだが、人間には欲があるので、元本を回収したから引き出すということを不思議としない。
何故なら、100ドルの投資が200ドルになったら、100ドル引き出して、残った100ドルで再投資するよりも、200ドルをそのまま再投資した方が倍結果が違うからである。
(A)100ドル→200ドル(100ドル引き出して)100ドル→200ドル
(B)100ドル→200ドル(引き出さないで)200ドル→400ドル

また、Prime Look Upにはプレミアム投資プランというのもあり、これは100ドルを5ヶ月連続で投資する(途中で引き出せない)と、6ヶ月目にはそれが3倍になる。
正確には100ドル+100ドル+100ドル+100ドル+100ドル=500ドル→引き出して良い1000ドル&再投資専用の500ドル=1500ドルとなる。

これを上手く使うと毎月1000ドルの利息生活ができるようになる。

とすると、どう考えても最短距離でそこを目指すので、「投資した資金を回収するのは後でも良いや」となりやすい。
たとえば毎月1000ドルの利息生活を半年間で達成するには初期投資800ドルで良い。
しかし、半年で利息生活を送るために投資した800ドルは、それが達成されるまでの半年間下ろされることがないので、会社としては引き出されるリスクが減る。

このように複数のプランを用意して、「なるべく大きく儲けたい」という人間の欲を利用しているので、先ほどの「新しいお金を預ける人」と「稼いだお金を引き出す人」のバランスが保たれやすくなるのである。

イギリスはブックメーカーと呼ばれる公営のスポーツギャンブルが行われている国であり、1日何と4兆円ものお金が動くそうである。
ブックメーカーは適切なオッズを提示し、需給関係がきちんと成り立つように仕組みを作ってあり、どんなことがあっても破たんがないような仕組みを取っている。
このPrime Look Upも、この仕組みの応用で、1日1%の利子ならこれだけの人が集まって、これだけの支払いがあるという綿密な計算で成り立っているので、ある程度は破たんをせずに運営されるはずである。

しかし、何事にもオーバーシュート=行き過ぎはつきもので、最後はみんなが熱くなって大金を投じたり、不安が増大して大金を引き出したりするようなことが起きて、終わることになりやすい。

こういったことを踏まえて、きちんとしたリスク管理ができる方であれば、この投資は面白いはずである。

しかも賭けられるのはたったの100ドルから。
日本円にすると1ドル130円換算(2015年から改定)で、代行手数料が3000円なので、16000円。
10万円だとちょっとビクついてしまうが、1.6万円なら投資としては安い金額だろう。

あとは仲間集めができれば尚良く、直紹介者の投資金額の5%が無条件で利子に入って来る。
これは初期入金も追加入金も同じく5%である。

こんな投資に興味のある方は、下記の問い合わせフォームより問い合わせいただきたい。
利子は毎日つくので、始めるのは早い方が良い。
永遠に続くことはない類の投資と考えれば、早く参加しておかしいと察知したらすぐに逃げるのが得策だろう。


  • メールでお問い合わせはこちら

メニュー

PAGETOP
Copyright © お問い合わせ取り次ぎます All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.