□日本株/世界株/債権などから運用比率が選べる「生命保険(変額/特別勘定)」

  • HOME »
  • □日本株/世界株/債権などから運用比率が選べる「生命保険(変額/特別勘定)」
2015年7月21日(火)更新!最新の仮想通貨投資案件情報3件
 
(1)小さな上げ下げを繰り返しながら、着実に上がり続ける仮想通貨
(2)買い取り価格が下がることなく、ひたすら上がり続けるクーポン
(3)今予約しておくと大化けする可能性が高い仮想通貨(早い者勝ち)

 
着実な投資としてお考えの方も、短期的な一攫千金を狙われる方も、分散投資をお考えの方も、どなたにでも必ず合う投資になる情報です。
 
特設サイトはこちら


■日本株/世界株/債権などから運用比率が選べる「生命保険(変額/特別勘定)」

生命保険(死亡保険)には保険料の高い安い、保険金のおりるタイミングなどにより種類がある。

(1)保険料は安いが、払い込み期間中に死亡した時のみ保険金がおりる「定期保険」(掛け捨て)
(2)保険料は高いが、払い込み期間が過ぎても(満期になっても)一生涯(終身)保険金がおりる「終身保険」(返戻金あり)
(3)保険料はとても高いが、払い込み期間が過ぎれば(満期になれば)満期保険金がおりるので、貯蓄の意味合いが強い「養老保険」(返戻金あり)
(4)年々、支払われる保険金の額が下がっていく分、保険料も安上がりになる「逓減定期保険」

これらを各家庭の予算に応じて決めて行くことになる。
目先お金がある場合は「養老保険」の「一時払い(最初に一括して支払ってしまう)」、お金が全くない場合は掛け捨てである「定期保険」を中心に。
計画的に組む場合は「終身保険」を最低限組み、子供の年齢に合わせた「逓減定期保険」で負担を軽くしていくなどの形でライフプランを組む。

受け取る保険金には2つのタイプがある。

(A)受け取る額が元々決まっている「定額保険」
(B)リスクを取った運用を委託する形で、運用が上手く行けば定額よりも多くの保険金がもらえる「変額保険」

後者は元本を割り込むことも可能性としてあり、またいくらもらえるかの保障もないものであるが、配当を一定期間でもらうタイプの商品もある。
運用は「債券」「日本株式」「外国株式」などで行い、自分でその割合を決めることもできる。
世界情勢を常に気に掛けることができる人は、景気が良い時は株式、悪い時は債券でといった形で運用変更を行うことで、マイナスにならない運用を目指すことができる。

こういった説明は、保険契約が付き合いで行われた時や、そういうことが許された古い時期の契約ではなされていないことが多い。
そのため、いざ保険金の支払いが必要となった時に、必要な保険金が下りないこともあり得るし、掛けていたと思っていた保険が掛かっていなかったようなことも起きえる。

保険を全く掛けていない人は、とにかくきちんとした人から一度は説明を受けるべきである。
ただし、生保は会社によっても、外交員によっても、その善し悪しが変わってくる可能性がある。

また、掛けていても本当に必要な保険がかかっているか、逆に身の丈に合わない保険料の払い過ぎがないかどうか。

こういった話は信頼できる人に相談する必要があるだろう。

もし、相談する先がない場合は、下記よりお問い合わせいただければ専門家の対応窓口を紹介させていただくことが可能である。
是非ご利用いただければと思う。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

Please leave this field empty.

  • メールでお問い合わせはこちら

メニュー

PAGETOP
Copyright © お問い合わせ取り次ぎます All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.