□老後資金3000万円を月々2万円 × 25~35年の積み立てで実現する海外年金

  • HOME »
  • □老後資金3000万円を月々2万円 × 25~35年の積み立てで実現する海外年金
2015年7月21日(火)更新!最新の仮想通貨投資案件情報3件
 
(1)小さな上げ下げを繰り返しながら、着実に上がり続ける仮想通貨
(2)買い取り価格が下がることなく、ひたすら上がり続けるクーポン
(3)今予約しておくと大化けする可能性が高い仮想通貨(早い者勝ち)

 
着実な投資としてお考えの方も、短期的な一攫千金を狙われる方も、分散投資をお考えの方も、どなたにでも必ず合う投資になる情報です。
 
特設サイトはこちら


■老後資金3000万円を月々2万円 × 25~35年の積み立てで実現する海外年金
 
海外積立年金口座の開設サポートはこちらから

老後の資金はいくらあったら良いだろうか?

夫婦二人の生活費は最低レベルで24万円、ゆとりある生活で38万円、豊かな生活で60万円は必要と言われている。

これに対して現在の年金は20万円、将来は10~20万円、あるいはそれ以下を覚悟しないといけない状況となっている。

この不足分を補うために資産運用を活用したいと思った時、たとえば15万円の月収を得るために年6%の運用益で賄おうと思うと個人資産は3000万円必要となる。

もちろんそれ以上の生活をしたければ、5000万円~1億円の個人資産が必要となるが、逆に言うと個人資産が老後に3000万円は最低なければ生活がままならない状況に陥ることになる。

これを回避するために年金を積み立てることになるが、現在40歳で、65歳までに25年間積立をすると考えると、月200ドル(2万円)を積み立てると、原資は600万円になる。

そして、この原資を海外のファンドで運用すると下記のような資産が構築できる。

こちらのサイトで日本円にて簡単に計算してみると、元本0万円、毎月の積立額2万円、ボーナス増額0万円、期待リターン12%、期間25年に設定すると、最終的に3404万円になる。

12%の利回りがきちんとできるかどうかという問題はあるので、そこが心配であれば積立額を増やす、期間を長く設定するなどの工夫は必要となるだろう。

元本0万円、毎月の積立額2.5万円、ボーナス増額0万円、期待リターン6%、期間35年に設定すると、最終的に3451万円になる。

顧客分析上、海外年金を積み立てで行う方の多くは、この原資が平均1000万円程度になるようである。

 
海外積立年金口座の開設サポートはこちらから

上記のリンクもしくは下記よりお問い合わせいただければと存じます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (任意)

メッセージ本文

Please leave this field empty.

  • メールでお問い合わせはこちら

メニュー

PAGETOP
Copyright © お問い合わせ取り次ぎます All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.